WiMAXの賢い使い方ー知ってる人は使ってる

外でインターネットする場合は、ポケットに入るwifiを使うのが一般的ですね。
WiFi以外にも、スマホのテザリング機能を使ってインターネットに繋いだり、WiFiスポットと呼ばれる公衆無線LANに接続することも可能です。
それぞれメリットやデメリットがあるので、このページでは、どのWiFiが一番デメリットが少ないかをご紹介いたします。

スマホのテザリング機能

テザリング

テザリング

スマホには、テザリング機能といって、スマホ自体をLANの中継基地にすることが可能です。
スマホでインターネットをしている場合は、Docomoやソフトバンク、auといった通信会社のLANを使用し、インターネットに繋げているため、そこに同じようにPCや、ゲーム機を繋げることが可能です。
ただし、最近の契約だと、月に5Gまでというものや月に2Gまでというふうに通信量の上限を設けているところがほとんどです。
たとえば、月に5Gまでのプランに入っていた場合、テザリングを使ってPCなどを繋げてインターネットを見ていた場合、すぐに上限に達してしまい、その結果、スマホでインターネットやゲームをやるととても遅くなっているはずです。
なので、テザリング自体はよっぽどのことが無い限りは使わないほうが良いと思います。

WiFiスポットー公衆無線LAN
WiFiスポットは、無料のところから、登録だけで使えるところ、料金が発生するところなどさまざまなところにあります。たとえば駅ナカや、カフェ、デパート、コンビニなどで使えます。
たとえば、コンビニやデパートでそのWiFiスポットに接続するだけでポイントがもらえたり、オリジナルのゲームができたりとさまざまな工夫をしてお客さんを取り込んでいます。
でも無料ほど怖いものはないといわれるくらいセキュリティに対しては気をつけたほうがよいのです。
セキュリティのないWiFiでは、重要なメールや、ファイルなどを送信しないように心がけましょう。

WiMAXやイーモバイルを使ってWiFiを
最終的にセキュリティに強いのはWiMAXやワイモバイルなどのデータ通信端末でWiFiをするのが一番です。
WiMAXやワイモバイル通信端末は、自分だけのWiFiが構築されていて、その端末を持っている人しか分からないセキュリティコードがあります。これにより外部から進入するのはかなり困難なので、データの漏洩なども安心です。
(PCにセキュリティソフトを入れておくとなお安全です)

こんな節約方法も
たとえば、スマホの料金プランを最安値のプランに変更し、WiMAXを使ってください。
WiMAXには通信制限が無いため、いつ繋いでいても速度を落とされることはありません。
キャッシュバックのあるNiftyWiMAXなどは月額換算すると2千円ちょっとなので一日100円もしないんですね。
(今月などのキャッシュバックが多いときですが)

ドコモの場合、ゲームを沢山する人は、8Gの6,700円を薦められると思いますが、たとえば、2Gで3,500円のプランに加入し、WiMAXを持った場合、8Gの6,700円よりも安くなりますし、なおかつ無制限でインターネット使いたい放題になるんです。

auスマホなら絶対WiMAXがお得!

WiMAXには、auスマートバリューmineというプランがあり、auのスマホ月額料金が1000円弱割引されるのでかなりお得に使えるんです。

WiMAXキャンペーンで賢くWiFiを使ってください